Money Lookの使い方:口座管理

MoneyLookの「口座管理」機能を使えば、金融機関などのオンラインサービスをまとめて管理する事ができます。 バラバラになっている資産を一目で把握できるのでお金管理を効率的に行うことができ非常に便利です。

1.口座管理にアクセスして金融機関の選択画面を表示させる

MoneyLookにログインした後、
左メニューの「口座管理」をクリックして口座管理へアクセスしてください。

口座を全く登録していない場合は、
口座管理の画面にアクセスすると、自動で金融機関の選択画面が表示されます。

口座を全く登録していない場合

既に口座を登録している場合は
口座管理の画面上段にある「口座追加」というボタンをクリックしてください。

既に口座を登録している場合

2.金融機関の選択画面で登録したいサービスを探して選択する

今回は例として「住信SBIネット銀行」を登録してみます。

  • 1業種で銀行を選択します。

    右側の結果エリアに銀行の一覧が表示されます。

  • 2五十音順で絞り込むで「ス」を選択します。

    銀行の中でスから始まるサービスのみが表示されました。

  • 3登録したいサービスを選択します。

    今回は「住信SBIネット銀行」を選択します。

  • 4サービスを選択したら「金融機関を選択して次へ」ボタンをクリックします。

金融機関の選択画面で登録したいサービスを探して選択する

3.登録するオンラインサービスのログイン情報を持っているか確認します

ログイン情報を持っている場合は「インターネットバンキングの口座登録へ」をクリックします。

※もし持っていない場合は手入力で更新する方法もありますが、今回はログイン情報を持っている場合の流れをご紹介します。

ログイン情報を持っている場合は「インターネットバンキングの口座登録へ」をクリックします。

ログイン情報とは
オンラインサービスで残高や利用明細を確認する際にログインが必要になります。
そのログインをする際に利用するIDやパスワードの事を指します。

例:住信SBIネット銀行の場合

ログイン情報とは

4.初めて口座を登録する場合、セキュリティキーの登録が必要です

3の「インターネットバンキングの口座登録へ」を選択した後
始めて口座を登録する場合「セキュリティキー」の登録が必要です。

セキュリティキーとは
第三者からの不正ログインを防ぐための第二のパスワードです。
このセキュリティキーは設定した人以外だれも知りえない情報で再発行もできません。

よってセキュリティキーを知っている人しかMoneyLook経由で
オンラインサービスにアクセスすることできない仕組みになっています。

以下の画面で自分の好みで6文字以上16文字以内の英数混合の
文字列を入力して「登録」ボタンをクリックするとセキュリティキーの登録が完了します。

※セキュリティキーとは

5.オンラインサービスのログイン情報を登録します

  • 7登録先の選択は「新規登録」のままで大丈夫です。

  • 8このエリアにログイン情報を入力してください。

  • 9ログイン情報が入力し終わったら「次へ」ボタンをクリックしてください。

オンラインサービスのログイン情報を登録します

  • ※ 8で入力するログイン情報ですが住信SBIネット銀行の場合
    以下のように対応しています。

住信SBIネット銀行の場合

住信SBIネット銀行の場合

6.登録する口座を選びます

※Money Lookでは名義別登録が可能なので、家族の金融機関等の口座情報をまとめて
管理することができます。 登録する口座が自分のものである場合は1013だけで大丈夫です。

  • 10オンラインサービスの全ての口座が表示されています。

    MoneyLookに登録したくない口座がある場合はチェックを外してください。

  • 11自分以外の口座を登録する場合に変更してください

    例:妻、父の口座を登録する場合など

  • 12利用者を自由に追加できます。追加した利用者は(I)の選択リストに表示されます。

    例:子供、長男、タロウなど

  • 13登録ボタンをクリックすれば口座の登録は完了です。

登録する口座を選びます

7.口座一覧に戻ると先ほど登録した銀行口座が表示されています

  • 14「全口座更新」ボタンをクリックすると登録した口座の最新残高を自動で更新してくれます。

  • 15「自動ログイン」ボタンをクリックすると、このオンラインサービスのサイトを立ち上げ、
    ログインが完了した画面まで自動で行ってくれます。

口座一覧に戻ると先ほど登録した銀行口座が表示されています

このような手順でお手持ちのオンラインサービスをどんどん登録していけば
日々の残高確認やサイトへのログインの手間が大幅に削減されます。

ぜひご活用ください。